子宮はないけど運はある shuuen.exblog.jp

巨大筋腫で子宮全摘出&2型糖尿病&尋常性乾癬の占い師・秀炎の人生


by shuu-en
プロフィールを見る

鶴の話

昔、私はあるドラマを見ていて、「鶴はいいなぁ」と思ったことがある。鶴は一度ツガイになったら、死ぬまで他の鶴とは関係しないそうだ。たかが鳥なのに、脳みそなんてちっさいのに
もしか連れが先に死んでも、鶴はその後一羽で生を終えるとか。
永遠の愛を誓う鶴が、本当にうらやましかった。

占い師なんて仕事をしているから、毎日必ず一件は不倫の相談がある。
こんな仕事をしているうえに、元水商売だから
男女の愛なんて、ぜんぜん信用できなくて
男も女も 浮気する生き物だって思ってた。
それが人の性なんだって 私は思ってた。
でも、自分も含めて浮気する人間が大嫌いだった。
そう、自分はなんで浮気しちゃうんだろう、って不思議だった。
理性だってあるはずなのに、セックスがすべてじゃないのに、そこに愛なんてないのに、なんで一人の男性じゃ満足できないんだろうって
いつも思ってた。
恋愛依存症か、セックス依存症か、そのダブルなのか
誰が本命で、誰が浮気なのか、それさえも区別つかないくらい
私は浮気性で、どうしようもなかった。
いつも満たされず、なんか孤独で、どこかで焦ってた。落ち着かない気持ちで、誰も信じられず、誰からも信用されず、ただ、忙しくしていればなんとなく日々が過ぎてく感じで。

鶴はいいなぁ、といつも思ってた。
でも自分は飽きっぽいから絶対に鶴にはなれないし
もしか間違って鶴になっちゃったら、亜種として浮気する鶴になるんだろうな、とか思っていた。

ダーリンは浮気や不倫が大嫌いで、
「でもあなたの友人は浮気してるかもしれないよ」と私が言うと
「俺の友達はそんなくだらないヤツは一人としていない」と言い切る。
「いや、あなたに言わないだけで隠れてしているかもしれない」と言うと
「絶対にしてない。そんな男は俺の友達にはいない」と言う。
本気で怒っている証拠に、あのサメみたいな白目の多い目をする。

「私は浮気性だよ。あなたが大嫌いな人種だよ」と言うと
「女だって男で変わるんだ。秀炎はもう、昔とは違う」と言う。

私は、こういう風に言われ続けてきて、ダーリンに信用され続けてきて
もう裏切れなくなっている。
この人を裏切るようなことをしたら、人間として最低なんじゃないかって、
そんなことをしたら、もしかして、すごいバチがあたるんじゃないかって
自分に天罰が下るのは怖くないけど、もしか息子にでも不幸がのしかかったら、後悔してもしきれないから 怖くなってきて

私の浮気性は影をひそめている。
ときどき うずくけど、ダメダメって、思う。

鶴にだってできることなんだから、

もしかして、あれほどなりたいと思ってた鶴になれるのかもしれないって

こういう話をダーリンとするたびに、
私は、鶴のことを考える。

私は今でも鶴になりたい。
[PR]
by shuu-en | 2009-01-05 20:49 | 恋愛、結婚