子宮はないけど運はある shuuen.exblog.jp

巨大筋腫で子宮全摘出&2型糖尿病&尋常性乾癬の占い師・秀炎の人生


by shuu-en
プロフィールを見る

共に白髪の生えるまで

5月以来の旅行です。

伊豆高原へ。

私は薬の関係で、禁酒をしているのですが、
今回の宿はいつでもどこでも飲み放題が売りのホテルでもありますから、飲みました。

マリブベースのココナッツの香りがするエメラルドグリーンの甘いカクテルがとっても美味しかったです。
料理はカジュアルなフレンチでした。伊豆なので金目の煮つけ(ブイヨン)がありました。
料理の写真を撮ったのですけど、
普段食べ物を写真に撮るという習慣がないので、
取り忘れて食べ始めてしまい、「あ」と思いだし、結局あまり綺麗じゃないので載せるのをやめます。
私は糖尿病で糖質制限をしていますのでパンは食べられず
量としては足りませんでした。

お酒が好きな人には本当にいいホテルだと思います。
酒にうるさい人には向きませんけど、なんでもいいから酔えたらいいよ、というのでしたら。

食事の時に灯りが消えて、なんだろうなぁ、炎のイベントかなぁ、と思ったら(ホテルがバリ風なので)
お誕生日イベントで、
みたところ60代半ばくらいの白髪の御夫婦がろうそくの立ったケーキと
食事会場全員の注目と拍手と歌と、花火と
あと、ホテルスタッフ渾身のなんちゃら(ネタバレ防止)でお祝いされていて
私はなんだか涙ぐんでしまいました。

健全な関係(これ重要)で、
共に白髪が生えるころにでも相手を喜ばせようという夫婦のあり方が
とっても価値のあるものに
私は感じたのです。

そのカップルが健全かどうかわからない、という意見もあるかもです。
でも、
あれが不倫のカップルだとしたら、なんだかすべての拍手やスタッフの苦労を
返してほしいくらい気持ち悪いですね。図々しいですね。
不倫の関係と言うのは、堂々と誰かにお祝いされるべきものではないですからね、日本では。
ふたりだけで孤独で誰にも認められなくても、それでも・・というのが不倫だと思います。
サプライズをやりたいなら人目を忍びふたりでやれ、という話ですよ。
それがたしなみというものです。

ですから、あの清々しい顔をしていた60代の白髪のカップルは健全に見えました。
素敵でした。

あいにく観光をするには雨で、一日目はひたすらお酒を飲んで
ホテルのなかの無料のカラオケですとか、たくさんある漫画ですとか
貸し切りのお風呂とかで楽しんでいました。

次の日は、帰り道に熱海に寄って、
本州で一番太い樹だったかな、なんだかパワーのありそうな樹を見てきました。

d0183445_17151097.jpg


それで、ここの神社でおみくじを引いたら
年始に別の神社で引いたのも大吉だったのに、またも大吉を引いてしまったのです。
私は長い人生で続けて大吉を引いたことはありません(笑
めでたいので財布にしまってあった年始のおみくじも並べて写真。

d0183445_17165872.jpg


うーん。今が人生の盛りなんだろうか・・・・。そんな気がしないでもない。

あ、そうそう、ちょうど旅したのが七夕だったんですけど
食事のあと、旦那さんと血糖値を下げるために散歩に出たのですが
そのとき少し雨がやんでいました。

私の住むところでは七夕は常に雨なので、
なかなか会えそうにない彦星と織姫の逢瀬に想いを馳せて歩きました。

ところで連載小説のほうは、お読みいただけてますでしょうか。
現在は常連さまのみの鑑定をしていますゆえ
好意的なお客様の感想を聞かせていただいています。ありがたいです。

本当はいろんな人の感想を聞きたいのでここのコメント欄を開放するといいのですが
こうみえて心臓に毛が生えるどころか、
禿げ散らかしたチキンハートなので、やめておきます。

あと2,30年しか生きないだろうに、こんなところで深い傷を自ら負うこともなかろう。

傷を負いたくないから、
傷を負わないよう自分を大事にする生き方をしなくちゃ。

私は、ロウソクに照らされていた60代の白髪頭の御夫婦のように
穏やかで健全で真面目で幸福な人生を送ろう。

そんなことをつくづく思う旅でした。

(御面倒だとは思いますが、小説の宣伝も兼ねてますので、どうかひとつ応援のクリックをお願いします)
↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
[PR]
by shuu-en | 2015-07-09 17:57 | 旅行